母なる地球で

ミツバチにとって
スズメバチの偵察ほど恐ろしいものはないらしい

地球上の罪なき生けるものたちを守ることを
ライフワークにしたいと願う
高校生の息子が言った

そんなスパイが
自分たちの巣の周りを旋回していたが最後
是が非でも斃すことを使命として
ミツバチの巣から精鋭部隊が飛び立つ

自分の何倍もあるスズメバチと戦う方法は
ただひとつ

仲間とともにわが身を挺して
スパイに襲いかかり
身体をこすりつけて
摩擦の熱を武器とすることだけだ

そんな愚直な戦法はしかし
そのミツバチの個体の最期を意味する

全うできなければ
これから生まれ来る卵もろとも
育ちゆく幼虫たちもろとも
巣の壊滅につながる

だから精鋭たちは立ちはだかる

そうして 生きとし生けるものの
無数の犠牲と共に
無数の愛と共に
母なる地球で
悠久のときは流れてきた

 

投稿者プロフィール

白乃ちえこ
白乃ちえこ

前の記事

恵み

次の記事

あの朝の想い