温室の蘭

日本を離れて今年で何年目になるだろう

私にとって日本語というものは
もはや伝達手段ではなく
温室の蘭のように
雑音の入らない温室で
大切に育んで愛でるものである

またそうでないと潰えてしまうものなのだ

「反応が違うなあ」
2年近く病臥に伏せた友人がいよいよ旅立つ前
彼女の非日本人のご主人が呟いた

私が話しかける言葉に
うつろな瞳を宙に迷わせながらも
ぽつぽつと応えてくれたのは
彼女の母語だったからなのだろう

あれだけ優秀だった彼女の脳までが
病魔に襲われても
最期まで彼女が守ったものだったのだろう

日本という国
そこに住む人々
そしてたおやかな大和言葉は
私にとっても懐かしいものでありながら
遠くにありて想うものであり続け
またそうあってほしいものなのである

そして私もおそらく最期まで守るものだろう

とりもなおさずそんな懐かしく愛しいものを
心に抱き続けられること
それを 「安心」 と呼ぶのではなかろうか

投稿者プロフィール

白乃ちえこ
白乃ちえこ

前の記事

心打つもの

次の記事

受け容れる