生命のかけら

私たちが住む家は森に面していて
愛犬との散歩が愉しい日課だ

春に見かける水鳥のヒナといったら
ふわふわの毛糸玉たちが
水面をころころ転がるようで
それはそれは可愛らしい

ある日愛犬が近づくと
親鳥たちは毛糸玉を挟んで
羽を広げ声を荒げて牽制する

もし襲われたって
37キロの大型犬には太刀打ちできない
それでもヒナを護ろうとする

その姿は圧倒的だ

時間とはエネルギー、
限りある生命のかけら

親鳥にとってヒナを護り育むことが
自分たちの「生命のかけら」だ

日々の時間
つまりはエネルギー
つまりは生命のかけらを
全てに尽くすことはできないから

「護りたいヒナ」に集中するほかはない

ちょっと早起きしてヒナに生命を注ぐ
それ以外は省エネで取り組む
やがて大きくなったヒナを妄想の中で愛でる
こんなふうに

ヒナが育っていくのを見守ればいい

 

 

往来の難しい時節ではありますが、
欧州生活を希望される方やご興味のある方、
訪ねていらっしゃる方、在欧30年になる私で
お役に立てることがあれば、お知らせください>

投稿者プロフィール

白乃ちえこ
白乃ちえこ