僕は僕になります

離れて暮らす兄の家族と私の息子たちとは

What’sAppのグループチャットでやりとりしている。

 

先日、兄がWikipediaのあるリンクを送ってきた。

007映画で初のアメリカ人監督だという

Cary Fukunagaという方についてだった。

 

「ジェントルな闘士(長男・仮名)は未来のフクナガか?!」

と煽るような励ますようなタイトルを添えて。

 

お父様が日系、お母様がスウェーデン系というためか

確かにジェントルな闘士は佇まいが似ている。

 

そこで息子、

「僕は僕になります」ときた。

 

おうおう、あっぱれだ。やってもらおうじゃないの。

 

と、親ばかを楽しんだ次の瞬間、

我が身を振り返ってしまった。

 

自分だったら「いやいや一介の学生の身で」などと

考えてしまうのではないかと。

 

少なくとも息子のセリフは出てこない。

 

今学生である、つまりは

『無限の可能性がある』ということではないか。

 

今の自分と

未来の自分は

立っている場所も

その時の光景も違うのだ。

 

『私だって未来の自分が歓ぶことをしていこう』

黄金色に輝く森でひとりごつ。

 

往来の難しい時節ではありますが、
欧州生活を希望される方やご興味のある方、
訪ねていらっしゃる方、在欧30年になる私で
お役に立てることがあれば、お知らせください>

投稿者プロフィール

白乃ちえこ
白乃ちえこ

前の記事

自信のありか